【アメリカ留学】 準備編

今日は、アメリカ留学準備編ということで!
私が大学を選ぶのに使った College Board というサイトを紹介します。

なぜこのサイトを知ったのか全く覚えてないですけど、
高校3年の秋頃、急に留学を決断をして、せこせこと検索をかけていたのです。
当時の大学数は、3千数百でした。

Collage Boardは、

・Location
・Major
・Type
・Campus Life

とまず大項目でざっくり選択。使いやすかったです。
というか、このサイトが現地でも大学検索のデフォなのですかね。


ちなみに、当時の私の条件は以下でした。
以下、優先順位高い方から。

①西海岸、東海岸、以外。
②そして、南側以外。
③Public University(公立4年制総合大学)
④Suburban(郊外)or Rural(田舎)
⑤Music Major, Minor, or Class がある。

①の理由:日本人だらけだから。

西海岸と東海岸は、直通便もあるし、都会だし、日本人もたくさんいるので、不便なことはほとんどないと思ってました。
「ってことは、別に日本で大学通うのと変わんないじゃん、行く意味なし!」と。

②の理由:湿気が嫌。

テンパがひどくなると毎日ブルーになるので、絶対嫌でした。
治安的な理由もありますけども!

③の理由:

Privateは学費が半端ないですし、必ず行きたい学校があるわけでもなかったです。
ちなみに、アメリカはどこから来てるかで学費が異なります。

a) In-state (Residence)
b) Out-of-state (Non-residence)
c) International

の順位に高くなる。

④の理由:費用と環境の両面。

都会の方がもちろん学費も生活費も高くなります。
また、私は通っていた中学が自然ある方の学校で、高校は反対に都会の中にある学校でした。
やっぱり空が広くて、何もなくても穏やかな環境が好きだったので。


⑤の理由:楽器はやりたかった。

Bachelor Degree を Music で取っている私ですが、元々は Biology を専攻していました。
なので、専攻とは別に楽器をやるクラスなどあればいいなと思っていたくらいでした。
この辺の話はまた今度。


というわけで、

①、②の時点で、中部か北部しか選択肢ないっていう…。
で、私は雪が好きだったので「じゃあ北部にしよ~(笑)」と理由にもならない理由で、
まず地域が絞られました。

しょうもない理由ですけど、やっぱり好きなとこで生活するのが一番ですから。
実際、寒さと雪国の不便さに苦労したところはありますけど、
どこ行っても苦労はつきもの。一緒でしょう!

あとは、campus life あたりで何か条件を加えたんですかね。
最終的に5~6校に絞られたんです。

あと、私の場合、
決断が無計画過ぎるくせに、現役(高校卒業後の夏)で、語学学校に通わず入学する!
という、頑なな決断だったので、
TOEFLのスコア提出を春まで受け付けている学校も条件でしたね...。


で、最終的にスコア提出した学校は、3、4校くらいだったはず。
受かるかわからないのにもっと出せよ、って話なんですけど。
確かそれで2校受かって、両方とも奨学金の資格がありました。
(高校の成績が良かった)


最終的に、何で選んだかは、、、school color です。
好きな色が blue だから。
もう片方の学校は green だった。
最後もフィーリング。


今回は文章ばかりになってしまいました。
サイトの紹介じゃなくなってましたけど。。。

留学を考えている学生、社会人の方の参考になればと思うので、
この辺のことも少しずつ書いていきたいと思います。


See ya!

Mami
個人英語レッスン・英会話教室のOYURIKED



#荻窪 #阿佐ヶ谷 #新宿 #渋谷 #有楽町 #杉並 #練馬 #中野 #個人レッスン #個人英会話 #英会話 #英語 #マンツーマン

OYURIKED 個人英会話レッスン @有楽町/荻窪/杉並区/中野区/練馬区

有楽町・荻窪を拠点にしています、個人英会話レッスンの "OYURIKED" (オユリキッド) です。 英語基礎、日常会話からビジネスプレゼンテーションまで、基礎から身につける英語力を。 駅前カフェ、Google Meet、クラウドオフィス (katana) より、お好きな場所をお選びください。