【英語学習】国語辞典(続)

前回の続きです。
国語辞典を使うことを進める理由の2つ目。


【理由2】最も簡単で最も短い文章を読める

私は Oxford の辞典を使っています。
web dictionary も色々あるので自分が使いやすいものを選ぶと良いです。

前回の記事で上げた words の definition です。
[ ] 内の内容などは今は skip して、ちょっと試しに読んでみてください。
できれば、黙読でなく、音読がよいです。
(※音読を勧める理由も、今度書いていきます。) 
そして、お時間あれば実際に website で確認してみてください。


Ex1 : angry adjective

1. having strong feelings about something that you dislike very much or about an unfair situation

Ex2 : mad adjective

3. [not before noun] (especially North American English, informal) very angry

Ex3: outrage verb

outrage somebody   to make somebody very shocked and angry

Ex4: annoyed adjective

slightly angry

Ex5: rage verb

[intransitive, transitive] to show that you are very angry about something or with somebody, especially by shouting

出典:the Oxford Advanced Learner's Dictionary


ちなみに、絵本の記事で、英語が上手く話せない理由として、
分詞と関係詞の理解度について言及しているのですが、それらで構成されている文章。

S+V で始まっていない文を読むことに慣れるというところもポイント。

本題です。
最も簡単で最も短い文章を読むことで、身につく術。
自分が言いたい言葉(単語)が何ていうのかわからなかったときの裏技です。

会話をしている時。
If you don't know/can't remember how to say in English, say so!
(わからなかったら、わからないともう言ってしまうが吉。)


First,
① I don't know/can't remember how to say in English, but...と導入。
Then,
②簡単な単語で、短い文を列挙していく。

For example,

"It's fruit."

"Something is red and round."

"And its taste is sweet or maybe a little bit sour."

"I think Aomori is best known as a leading producer."

など。そうすると、相手も考えて、教えてくれます。
皆さんとコミュニケーション取ろうとしてくれる人たちはきっと。
ちなみに Can you guess? 




Yes! It's APPLE. です!


See? こんな感じで会話がひとつできちゃいます。
なんだか連想ゲームみたいになっちゃってますけれど...。
leading producer を知ってるくせに、apple 知らないなんてことある?(笑)。
っていう、上手く構成されていない例ですけれども...。

これはひとつ、会話を途切れさせないコツ。
黙らない裏技。

こうやって誰かとのやりとりで学んだ物事っていうのは、記憶にも残りやすい。


こうして見てみると、
面倒くさい辞典引きながらの勉強もなかなか実用的じゃないか!と、
少しは motivatoion(vationにアクセントね!)になるのではないでしょうか。

是非、お試しあれ。


Mami
個人英語レッスン・英会話教室のOYURIKED


#荻窪 #阿佐ヶ谷 #新宿 #渋谷 #有楽町 #杉並 #練馬 #中野 #個人レッスン #個人英会話 #英会話 #英語 #マンツーマン

OYURIKED 個人英会話レッスン @有楽町/荻窪/杉並区/中野区/練馬区

有楽町・荻窪を拠点にしています、個人英会話レッスンの "OYURIKED" (オユリキッド) です。 英語基礎、日常会話からビジネスプレゼンテーションまで、基礎から身につける英語力を。 駅前カフェ、Google Meet、クラウドオフィス (katana) より、お好きな場所をお選びください。